読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20170128 としまえんフィッシングエリア

練馬にあるとしまえんフィッシングエリアに行ってきました。

 

6:40浦安発 ⇒ 7:46豊島園(都営線

現地には8時ごろ到着

f:id:tkfsg:20170128181012j:plain

 

到着時にはパッと見20人弱程の人が既に釣りを始めています。

私もタックルを2セット用意して6時間4200円の遊漁券?を購入して釣りを開始します。

 

ちなみにとしまえんの釣りポンドは三種類あり、私は基本的にナイアガラエリアという場所にしか行きません。

f:id:tkfsg:20170128182912p:plain

としまえんフィッシングエリアのサイトより引用

 

その理由はそれぞれ以下の通りです。

■アマゾンエリア

f:id:tkfsg:20170128193008j:plain

 

これまで何回か行きましたが常に水が超マッディ。

水が動いてないようで、魚の活性が引くそうだからです。

※写真の場所だけ水が動いているみたいですが、いつも誰かいます。


■ミシガン

f:id:tkfsg:20170128183828j:plain

大物が放流されているが個体数が少ない。

そのためサイズ問わず釣りたいなら別の場所がいい。

 

ここには幾つか特別ルールがあるようです。

f:id:tkfsg:20170128183949j:plain

 

■ナイアガラ

f:id:tkfsg:20170128183809j:plain

中央に噴水や水車みたいのがあり水が流れています。

たまーに小さいボイルも発生しています。

ただ、タイミングによってはアマゾン並にマッディな水質のときも、、

今回はステイン~クリアくらいでした。

 

 

エリアトウラウトと言えば時間帯、天候など様々な要素を元にルアーローテンション(主にカラー)を決め、さらにはレンジ(深さ)を変えながら当たりの範囲を探り釣りを進めていくというのが教科書的な基本の釣り方になるかと思います。

 

しかし、私はそんな面倒なことは考えず、いつもとりあえず王道カラーと言われるカラシ色から探っていきます。

レンジについては、殊としまえん関してはほぼ水面に魚が浮いているイメージがなく、一投目からボトムまで落として、浮いてこないようにデットスローリトリーブで巻いてくる釣り方をしています。

 

ただ6時間もあるので一定の釣りではなく、いろいろ試しました。

基本的にはシマノのロールスイマーで様々なカラー、重さを揃えていますが、手前までチェイスがあれば投げ続けて、明らかに関心がなくなったらカラーチェンジという感じでやっています。

個人的に一番気を使っているのは「誰も使っていないであろうカラーを使う」こと。

結構カモフラとか好きです。

 

とはいえスプーンという動きは多少違えどそこまで変わらないと思います。

なので、その動きに魚はスレています。

 

そんな魚目線で考えると「またスプーン来たよ、あんなの食うわけなくね?早くペレットよこせや!!」って思っているはずです。

そんな魚を釣るため世の中にはいろんな試行錯誤されたルアーたちがいて、その代表的なものが「トルネード」、「スティック」かと思いますが、私が一番釣れると思うのは「フェザージグ(ジグヘッドマラブー)」と呼ばれるルアーだと思います。

f:id:tkfsg:20170128193034j:plain

これらは釣れすぎるのでレギュレーションで禁止になっている場所もあるほど。

としまえんでもミシガンは禁止)

 

今回は時間があったので使ってみました。

するとやっぱりよく釣れます。

しかも目の前でバイトが見える、サイトフィッシングができます。

使い方は巻かずにその場でシェイクさせる感じ。

1、2分に一匹以上は釣れます。

ただ、持ち帰り制限である20匹をすぐに超えてしまえいそうなので2、3匹釣ったらやめました。

 

そんな感じで適当に逃がしたりして10数匹持って帰ることにしました。

 

 

釣った魚ですが、としまえんでは捌いて持って帰ることができ、さらに炭火で塩焼きにもできます。

f:id:tkfsg:20170128191419j:plain

 

今回は一人での釣行だったので、塩焼きにはせず、捌いて持って帰るだけにしました。。(一人で塩焼き作って食べてたら痛いやつみたいでいやだから)

家に帰ってから塩焼きにしました。

残りは開きにします。

f:id:tkfsg:20170128191626j:plain

 

いっつも思いますが、釣りしていると周りがどんな感じか気になってきょろきょろします、するとやっぱりロッドたくさん持ってる人、リリーサー、カウンターを持っている人は良く釣ってます。

 

ルアーセレクトに迷ったらちらっと横目で確認してまねしましょう。

まあそれでも全然釣果は一緒にはなれないんですけど、、

道具が一緒でも結局は”腕”が大事ということでしょうか

 

おわり